2013.06.1 (土) - ココロの営業持論    No Comments

「ココロをうごかす」 投稿:

こんにちわ◇

はじめまして、ココロです。

この度 IT営業ブログ を始めました。

私たちの営業スタイルは他業界の営業職と少し毛色が違っていて、

例えば友人に「なんの仕事してるの?」って聞かれて内容を答えても

あまりピンとこない方が多い、そんな事がよくあります。

そういう業界ではありますが、非常に興味深い部分も多く、

お客様とのやり取りから、エンジニアさんとのやり取り、

調整能力が最大限に問われる営業のバランス感覚、

小さな会社であっても技術力を武器に

大手企業様に面白い営業展開が可能であること、

などなど多岐に渡ってのエピソードや考え方を

可能な限り展開したいと考えております。

では今後末長いご愛読を宜しく御願い致します。

 

さて、ITの営業として今年で7年目。

まだまだ諸先輩方の足元にも及ばないですが、

つたない経験を引っさげて毎日奮闘しています。

そんな日常の営業活動を通じて感じたこと、

思うことを考察したく思いこの企画を始めました。

記念すべき第一回目の投稿では

今後お話していく全ての基盤になる考え方、

それは

「ココロをうごかす」

という事をまずお伝えしたく思います。

このキーワードは全てに通じる合言葉です。

それは人が介在すれば必ずそこには感じるココロがあるからです。

自分を取り巻く全ての方の

気持ちを捕まえることが大切だと思っています。

それはお客様だけではなく、

自分を取り巻く全ての人 が対象です。

メーカーの担当者さん、自社のエンジニアさん、協力会社様の方々、

フリーエンジニアさん、事務員さん(自社にはおりませんが。。)などなど、

関係する方々全てです。

なぜ全ての人かというと世の中何が起こるかまったく予想が出来ないからです。

これについては別でエピソードをご紹介します。

 

さて、この機会に 営業職 とはなんぞやとググってみました。

営業職の原点は…..etc

長々と説明がある中から一部を抜粋しましたが、

①人と人とのお付き合い 

②コミュニケーション能力

③意思決定を促す力

とありました。

 

なるほど〜~!!

ウィキペディアさんが言うには人としてどうなのかと、

数ある営業職の中でアプローチ方法や商慣行が違っても、

基本的なところは同じです。

人が人に会い、互いのミッションや想いをぶつける。

当然その中で必ず感じるココロが存在する。。。

堅くなりすぎますね。。

もっとライトに言うと

人と人なわけですから大前提として

不快なことはしてはいけない 

ということです。

初回はこのあたりで。

 

そんな私の掲げる「ココロをうごかす」

次回からエピソードを交えて

ゆっくり紐解いていこうと思います。

読んでくださった皆様に心から感謝申し上げます。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


コメントを残す