コトバの大切さ 投稿:

おはようございます!ココロです。

いつもご愛読頂きありがとうございます。

気が付けば夏本番8月もそこまできています。

暑い時期の営業は本当にしんどいですが

逆にテンションがあがっていたりしますw

有り余ったテンションをお客様に勝手ながら

お届けしていますw


さて、本日のテーマはコトバの大切さです。

日本では古からコトバには力が宿るとされ

それを言霊と呼んだりしますよね。

本当にコトバって重要です。

特に営業職の人間は無視できない話です。


これは私が尊敬しているメーカーの所長さんに

指摘された事がきっかけになったお話です。

営業は四六時中口を開いていてずっと何かコトバを

口にしていますが、多少のこだわりがあっても

そんなに気にせず話をしているコトが多いと思います。
※私だけかもしれませんが。。。

それを思い知らされるエピソードです。


その方とは定期的にお会い頂ける関係で、当時事業所が近くにあったコトもあり

食事に行ったり話をする機会が他のお客様よりたくさんありました。

温厚で冷静で知的でいて話がいつも面白い。

新密度が増してくるとその方の配下にいらっしゃる

私が取引頂いている課長さんや部長さんの

愚痴をお聞きしたりしました。
※どちらかというと愚痴というよりは笑いのネタみたいな話が多かったですが。

そんな状況の中で、ある時食事に行っていつものように話をしていた時に

質問されたコトがありました。


「君を動かす格言はどんなコトバだ?」

いつもどんなコトを聞かれても大抵何とか

話をつなげるコトが出来るのに、この時はまったく何も返せませんでした。

いかに今まで口先だけで何とかこなしていたような、そんな気分になりました。

所長Aさん
「君はまだまだ若い。歳を重ねるにつれ重要になってくるものがある。」
「これから先の君の人生を動かすコトバを探しなさい。」

その後は所長さんを動かしている格言についてご説明頂いて

どういう想いで仕事に携わっているかなど

若輩者の私に諭すようにご説明してもらえました。

その時に教えてもらったコトバが

「六中観」というコトバ・考え方です。
※内容は腐るほどネットで説明されているのでここのでは述べません。

その場でご説明頂いた後、帰りの電車でスマホで

再度調べて内容を理解した時に自分の浅はかさに気づきました。

「もっと深く生きよう。人から尊敬されるように生きよう。」

今回のようにコトバをくださった所長さんみたいに

私も出会う後輩たちに影響力を持てるように

生きていきたいとココロに決めた一夜でした。

その晩もう一つアドバイスを頂いたコトがあったので

その日を境にして私は時間があれば出来るだけ本を

読むようになりました。

本はジャンルも問わずその時々に読みたいと

思うモノをチョイスするようにしています。

意外なモノに出会ったりします。

これはまた別の機会でお話します。


また今まで単純に見ていたテレビなんかの見方も変わりました。

最近見ていたドラマである格言に出会いました。

「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり。」

元々は孟子のコトバですが

吉田松陰が幕末に処刑される前に放ったされる一言です。

大河ドラマをふと見ていてココロに響く一言に出会ったのでした。
※こちらもネットで腐るほど説明しているモノがあるのでそちらで

今回のまとめ

・コトバにはチカラがある。

・人生を支えるコトバがきっとある。

・考え方が変わるとモノの見方が変わる。
※すべてはとらえ方次第。


苦境に立たされた時、自分を救うコトバが必ずあると信じて


本日も最後までお読み頂けたコト感謝致します。

また来週の投稿を楽しみにしていてください。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


コメントを残す