ソリューション営業とは何ぞや 投稿:

ミナミです。

世の中、ソリューション、ソリューションと、鬱陶しいぐらいにソリューションという言葉が飛び交っている。

また、IT業界には何でもソリューションと言いたがる営業も偶にいる。

先ずソリューション営業とは何かと言うと、私の感覚ではお客様の困ったを見える化し、必要となるあらゆる要素(ハードウェア、ソフトウェア、通信回線、サポート人員など)を組み合わせて解決する営業である。
要は問題解決型の提案営業である。

では、システムインテグレーション(SI)との言葉の違いは何かと問われると、ソリューションをもう少しシステムよりにしたイメージを持っている。
具体的には、利用目的にあった、また問題解決に向けての情報システムの企画、構築、運用を一括して行うことを言う。
また、システムインテグレーションを行う技術者をシステムインテグレータと言い、行う企業をSIer(エスアイアー)と言う。

常駐ベースだけをやっているIT営業の中には、上記を理解せずに、そこそこ大きいシステム会社のことをSIerと思っている営業もいる。
違うんだぞ~~!言葉は理解して使おう・・・って単語をよく間違える私は、あまり人のことは言えない。。。。

じゃあ、SIerとベンダーの違いはというと・・・ソリューションから離れてきたので勝手に、調べてくれ。

では、ソリューション営業とコンサルティング営業の違いは何かと問われると、やることは同じで対価(ゴール)が違うと思っている。
コンサルティング営業はコンサル料として案や行動に対し報酬を貰うのに対し、ソリューション営業は自社の商品(パッケージやサービス、受託開発など)を売ったら勝ちだと思っている。

私のそれぞれの単語の漠然とした捉え方だか、あながち間違っていないと思っている。

今日はIT営業?初心者のための単語説明でした。
この投稿が何を意味するw
以上

P.S. 本来のこのブログのコンセプトは、、、、任せたココロ(笑

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


コメントを残す