2013.10.9 (水) - ココロの営業持論    No Comments

営業マンの成功する転職 失敗する転職 投稿:

おはようございます!ココロです。

いつもご愛読頂きありがとうございます。

今年も早いものでもう10月です。

秋晴れの日は本当に気持ちいいですね。

また何より秋冬は食べるモノがうまい。

楽しみな季節になりました(^J^)

さて今回は営業マンの転職について書くコトにしました。

私はIT業界を2社渡り歩いていて現在3社目。

色々と思うところがあります。

当然私の個人的な感想なので賛否両論あるとは思いますが

とりあえず思うコトを書こうと思います。

・私が転職に至った経緯・理由

①社目は300人くらいのSIerで営業していました。

①社目は結論からいうとクビになりました。

営業成績は悪くなかったし、今だに理由はよくわかりませんが、

上司に嫌われていたのは間違いないです。

私も人生の中で指折りの苦手な上司だったので仕方ないですが、

好きになろうとしなかったコトは反省しています。

しかし私は意味もなく上司に媚びへつらったり

機嫌を取ったりするのが超のつく苦手です。

周りにはそういう計らいがうまい同僚がいました。

私はそういうのが出来ないから尊敬していました。

そういえば忘れられないエピソードがあります。

何かと言うと、結婚式の主賓の件です。

これは本当に堪えました。

結婚式の1週間前に色々と理由をつけてきて

キャンセルされた時は参りました。

席次表も差し替えないとダメだし、さすがに焦りました。

結果的には本当に楽しい結婚式を挙げれたのでよかったですが、

しかし冷静になって考えると相当嫌われていたのがわかります。。

敵を作ってはダメですね。いい勉強になりました。

ちょっと横道に逸れてしまいました。

結婚してすぐだったのでかなり動揺していましたが

その動揺も一瞬でした。嬉しい出来事が起こります。

それは取引先の方々に退職のお知らせをした時、

うちにこないかとお声掛け頂ける会社が出てきたコトです。

それも1週間で5社です。

その時私は思いました。

「色々あったけど真面目にやっててよかった」
「見てくれている人はちゃんといるんやな~」


状況が状況だけに嬉しいのと安堵で

本当にほっとしたのを覚えています。


②社目の転職

②社目はちょうど3年在籍しました。

元々3年くらいで将来的にこの会社でずっと働き続けるか否かを

判断すると最初に決めていました。

2社目は平たくいうといい会社だったけど

自分とは合ってないと感じたので辞めました。

あんまり何かこれが合わないから辞めたとか

そういうのではなかったです。

ここでも同じような事が起こります。

退職日の3日前に関係者の方々に

退職のメールをお送りしました。

そうすると間髪入れずに

「次のお勤め先は決まっていますか?」

とお問い合わせを頂きました。

本当に嬉しい事です。

この業界は同じ業界内で数社転職される方も珍しくないですが

デキル営業さんは皆一様に色んなところから声がかかっています。

これは余談ですが

たまに生保会社のマネージャさんから

仰々しく
「あなたが優秀だとある方にお聞きして

ヘッドハンティングのお電話を致しました。」っていう

よくわからないお電話を頂くこともありますw

何度かこの手のお電話もらったんですが

まずその「ある方」ってどなた?

名前を最初に明かさないのは何の意図?

何回言われてもなぜか腹が立ちます。

そんな電話してくるマネージャーの下では仕事できません。

だってお電話頂いてから不愉快な気持ちにしかなってないのでw

話を戻します。そしてまとめると

・日常的にお誘いの声がかかる営業であれ


ここでのポイントは

お客様からお声がかかるコト

他業界からもお声掛け頂けるコト

お客様からのオファーは最上の評価点だと思います。

他業界からのオファーは単純に営業力を見てくれているという証です。

上記は成功例。

では最後に失敗・よくない例ですが、

・辞めると決まってもどこからもお声掛け頂けない

・他業界で考えてると誰かに相談した際に
「難しくない?」ってアドバイスされるコト

・単純に年収が下がる


もっと簡単なバロメータですが

辞める際に愚痴ばっかりこぼして

辞めていく人に成功例を見ないのは確かだと思います。

転職がステップアップなんだと周りから見られるような

そんな転職を目指せば自ずと成功するように思います。

本日も最後までお読み頂けたコト感謝致します。

また次回の投稿を楽しみにしていてください。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


コメントを残す