Browsing "ココロのIT情報"

営業マンのサボり方(外回りはサボれる職業) 投稿:

おはようございます!ココロです。

いつもご愛読頂きありがとうございます。

朝晩が涼しくなりました。

寒暖の差の激しい日が多いので

皆様体調など崩されていないでしょうか?

どうか皆様お体をご自愛ください。

さて、本日はサボり方を書くことにしました。

ミナミは真面目にサボりについて書いてましたが

私はサボり方そのものを考察しようと思います。

サボり方と言っても人それぞれ。

今まで自分が体験したことのあるサボり方、

また他の方の話で聞いたサボり方、さまざまなサボり方を

取り上げたいと思います。

こんなコト書く奴は後にも先にもいないはずなので

楽しんで読んでくださいね。

※飽くまで個人的な意見ですのであしからず。

事前申し上げておきますが、営業なんて数字上がっていたら

何してもいいという風潮もありますが、

数字の上がっている営業さんでサボりの天才はいないと思います。

やはり相対的に多忙な方が多いですし、まさに大数の法則がそのままで

経験的確率と理論的確率が一致する感じがします。


営業のサボり方 初級編

・パチンコ
平日の昼間にはわんさかスーツの人がいらっしゃいます。
私はパチンコをやらないのでわかりませんが、
これだけ多いということはそれだけの魅力があるのでしょう。
タバコと騒音の中で過ごす平日の昼間、
あまり得るモノがないような気がします。

・意味のない長距離移動
これはある会社に勤めていた時の上司がよくやっていました。
たいした用事もないのに、なぜか遠方の訪問が入っていて直帰。
いや~交通費も馬鹿になりまへんで~。

・公園で読書・食事
ベンチでうまい空気を吸いながら読書。
空き時間の有効活用としては素敵です。
ただこれは私が思っているだけかもしれませんが
あまり人がいない公園で昼時に一人で
愛妻もしくはお手製弁当食べている姿がどうにもリストラされた
サラリーマンを連想してしまう。。ちょっと古かったですねw

・漫画喫茶
出張の時とかPCを持っていない時に使うコトがあって
その時思いましたが、店内にスーツの人が多いコト。。
みなさんどうやって成果あげているんやろって思いました。
漫画を否定はしないけど、長時間居座るほど暇な人っていったい。。

・喫茶店
サボりの王道 喫茶店!
もはや説明不要!
ただちょっとサボり方とは違うかもしれないが
思うところがあります。
ソフトハウスの営業さんは会社の応接室や
ミーティングルームではなく、
どこかの喫茶店でアポを取りたがる人が
結構多いように思います。
気軽に話すという目的ならかまわないけど、
初回のアポから喫茶店という人もいる。
これには違和感を感じます。
会社訪問なしで取引を開始することがあるのでしょうか。
会社の実態も知らずに取引してもらえるとすれば
ちょっと頭のいい人なら犯罪を考えつくと思います。


営業のサボり方 中級編

・本屋さん
場所にもよりますが、少しアポイント時間より早めに到着して、
夏なら汗がひくのを待つ時間に本を物色する。
訪問時のネタがなかったらそこで探す。
だいたいどこに行ってもよほどの田舎じゃない限り
駅前とかそういうところに本屋はあるし、
何よりお金がかからない。発見があったりする。
空き時間の有効活用として一番オススメです。

・家電量販店
これはどちらかというとIT業界の営業ならでは
かもしれませんが、特にメーカー系の取引先をお持ちの
営業さんは定期的に行くコトをオススメします。
取引先の製品をよく知れば会話の幅がまったく変わってくるし、
当然好感も持たれるでしょう。
IT業界なら家電好きな方も多いですしね。
周知の共通項かもしれません。

・家に帰る
もはやサボりと呼べるのかわかりませんが、
いわゆる早めの直帰とでも呼ぶのでしょうか。
疲れたカラダをうまく調整する為に早く帰るのなら
どこかで無駄なサボりをしているより効率的かと思います。


営業のサボり方 上級編

・献血
これはサボりと呼ぶのか否か。
社会貢献をして、何か景品ももらえる。
ドリンクも飲み放題で、くつろげるソファーもある。
血の気の多いデキル営業さんにこそ
ここでクールダウンしてほしいw
私は急なドタキャン時に近くにあれば行くときがあります。
ここでの数十分はサボっている感覚はない。

おいしいお店を探す(ランチ)
これは一石二鳥だと思っています。
同業の営業さんとの情報交換をランチを通じて行い、
同時に接待に使えるかどうかの判断をする。
ランチであれば少々高いお店でも気軽に食べれるし、
お店の雰囲気もわかる。
夜のメニューも実際に見て判断出来る。
私のオススメです。

・占い&お払い◇超オススメ◇
最近営業成績が伸びない、トラブルが多い、
これは自分のチカラ以外の何かが働いているに違いない、
もはや神のみぞ知る領域w
「北新地の母」[銀座の父」的な方に未来を導いてもらい、
神社でお祓いを受ける。
もはやサボりでもないような気がするが、
営業はモチベーションの賜物って気がする。


番外編
・競馬場 ・競艇場 
・ゲームショップの長蛇の列に並ぶ(ドラクエ待ち的な)
・出張時の観光 ・昼から酒盛り
・シュミレーションゴルフでラウンド
・工場見学 ・etc….

色々なサボり方を考察しましたが、

要するに本人がサボっているか否か、

そんな感覚を持っているかどうかが

キーポイントなんだと思います。

他の方から見てサボっているように見えても

本人にとって何か意義があってその時間を過ごしているなら

おそらくそれはサボりではなくて、仕事の延長上にある

行動なのだと思います。

営業マンのみなさん、意味のあるサボりをして

いい気分転換をしましょうね(^J^)

本日も最後までお読み頂けたコト感謝致します。

また次回の投稿を楽しみにしていてください。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


2重派遣についてのエピソード 投稿:

おはようございます!ココロです。

いつもご愛読頂きありがとうございます。

先日通勤時にふと思ったのですが

昔はいくら夏が暑いといっても朝くらいは

涼しかったような。。って思いました。

昨今は朝から不快指数Maxですよね。

いや~本当に過ごしにくい気候になりましたね日本は。


さて、本日は2重派遣についてです。

最近私の周りでよくこの話題が持ち上がっています。

この1年足らずの期間に東海地方(愛知・岐阜・三重など)で大規模な

2重派遣の摘発があり、私も名古屋のある会合に参加させて頂いていることで

詳しい話が聞けましたが、なかなか巧妙に仕組まれていたりします。

ニュースでも二重派遣されていたIT技術者は約170人に及んでおり、

「過去に例のない規模」(労働局)という内容が出ていました。

法律のコトをここで考察出来るほど詳しくないので

エピソードを中心に取り上げようと思います。


ここで2重派遣について説明しようと思いますが

説明はネットで検索したら山ほど出てくるので

下記のページを流用させて頂きました。

2重派遣の禁止についてのページ

ざっくりとした話になりますが

労働基準法で中間搾取いわゆるピンハネは禁止と書かれています。

※難しい内容の条文みたいなのがズラズラと書かれていて
読むのもしんどいです。。

※そもそもその中間マージンの利益だけで成立しているような会社は
ゴロゴロありますが、それはまたの機会に。

比較的ライトなページを選びましたのでこちらを参考にしてください。

中間搾取の排除についてのページ

愛知労働局から発表されている資料はこちらです。


ここからのご説明で必要な最低限の関係だけこちらで説明しておきます。

A社→就業先(例えばメーカーとか)

B社→中間搾取する会社

C社→派遣労働者が所属する会社

契約形態のどうやこうやは今回は置いといて

この業界は1次請け、2次請け、3次請けとヒエラルキーがある程度

出来上がっています。当然その商流の上のほうにいけば

対価として得る金額も相対的に上がります。

なのでどこの会社さんも1つでも間の会社を減らして

商流を上げていきたいのですが、なかなかそうは問屋が卸さなかったりします。

それが今回事件の一番の根幹の問題のような気がします。

大きな会社さん(メーカーなど)がなかなか取引口座を作ってくれない。

よくある話です。

そうなると会社の規模が小さかったり、諸事情で大きな会社さんと

口座を持てない会社はどうしてもどこかのアンダーに入るしかありません。

そんな中でそれを逆手に取ってた会社が、今回は大がかりな偽装が発覚したワケです。

私が聞いた話で一番驚きだったのは

C社のエンジニアさんは当然C社の社員さんなので

C社の社会保険証を持っていて、社員証なども当然C社のモノを

持っているはずなのに、

A社にバレないようにするため、B社の社員であるとの証明をするために

B社の社員証をわざわざ偽造したり、

また社会保険番号を記載する書類にも堂々と

B社に登録してある番号をそのまま記載したりしていました。


確かによく考えればA社はその番号を社会保険庁に

問い合わせても個人情報の塊だから教えてもらえるコトはない。

そういう読みだったんでしょうね。それについては長年バレずに

やってこれたのがすごいです。

また今回驚きの見解を労働局が出しているという話を聞きましたが、

もしB社が利益なしに2重派遣をしていた場合は

雇用を守ったという点で、注意勧告だけでお咎めなし
という

そういう話もお聞きしました。

しかし利益なしに2重派遣するような会社はきっとないでしょうし、

現実的にあり得ない。机上の空論でしょうね。

今回の件を受けて思いましたが

「天網恢恢疎にして漏らさず」と表現したいところですが

これは氷山の一角にすぎません。

これからもまだまだこういった問題で摘発される会社が

出てくるコトは間違いないでしょう。

私は仕事がら大阪、名古屋、東京とお話を聞く機会に

恵まれてこういった話を近くで聞くコトができるので

思うコトや感じるコトが多いですが

私の地元である大阪がこのあたりの問題について意外に無頓着だと感じています。

当然名古屋は近々でこういう問題があったので

かなりの意識を持ってチェックなどいろいろな方面で

対策を打たれていますが、私の知る限り大阪のソフトハウスは

意外とこのあたりの問題に横着な気がします。

飽くまで私の主観ですが。。

また今回の一連の内容でここでは書けないような

内容の噂話も聞いています。

ご興味のある方はまたお会いした際にでも気軽にお聞きください。


本日も最後までお読み頂けたコト感謝致します。

また来週の投稿を楽しみにしていてください。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this