エンジニアさんのココロを知りたくて 投稿:

おはようございます!ココロです。

いつもご愛読頂きありがとうございます。

最近この時期になると暑すぎて

「下痢するまで飲んだろ~っと」って感じで

ビールを飲み始めて本当にお腹がゆるくなるという

大人としてどうかなという事態によく見舞われています。。

気を付けないとやばいです。。


さて、本日は表題にもありますエンジニアさんのココロ・気持ちを知りたくて

ある時期になると少し変わったアルバイトに参加するコトにしています。

それはあるシステム(以後Aシステム)のサポート対応/立ち合い作業のアルバイトです。

何のシステムなのかは置いておいてシステムトラブルがあれば

1次切り分けしてサポートセンターに電話し指示を仰いで対応する。

簡単なハードの障害やテンキーのNUM LOCKなんかでも

質問を受けるレベルのアルバイトです。

なぜそれを定期的にやっているかが重要なポイントで、それが今回のキモです。

正直大したお金にはなりません。

研修が2日、当日立会いが2日、他の作業が1日、で数万円もらえる程度です。

研修は1回2~3時間みっちり、当日は何も起こらなければ待機しているだけですが、

Aシステムに何か起これば一日中その対応に追われ、

また当然お客様からはお叱りを受け、なかなか大変です。

ただ私は当初このアルバイトを興味本位で申し込みましたが

今は本当に意味のあるアルバイトとして仕事をさせてもらっています。

何がタメになるかというと、

エンジニアさんってきっとこんな気持ちで面談とか就業先で

神経尖らせて作業したり話をしたりしてるんだろうなって

類似の感覚を経験できるような気がするのです。

面談時には少々出来ないコトでも前向きに

「やります。できます。大丈夫です。」って

言わされたりするコトもあるでしょうし、

それを言ったがために就業先の現場では「できません」とか絶対言えないし、

会社によってはどうにかしてこいと虚偽の発言を強要するような会社もあります。

大なり小なりではありますが、そういうシチュエーションがあると思います。

私もアルバイトといえどお客様はプロだと思ってらっしゃるわけで、

私も出来ないとかわからないとは言いにくいし、当然1次対応なのでわからないコトもたくさんあります。

こういう嫌な汗をかいて初めて気付くコトが結構あります。

自分のフィールドに立ち返ってこうしたほうがいいなとかそういうコトを

考えるきっかけになるのです。

「もっと面談前に話を詰めておこう」とかエンジニアさんがこうしてもらったら嬉しいんじゃないかとか

色々なコトを考えて、そういう痒いところに手が届くような下準備をするようになりました。

類似体験は本当に身に染みてわかるのでオススメです。

今回のまとめ

・エンジニアさんのココロを少しでも知る努力をしよう

・お金を貰いながら覚えるコトは知識や経験値の価値が高い

・百聞は一見にしかず


まずはやってみようの精神がすごく重要だと思っています。

本や聞いた話で知識を得るコトも重要ですが

体験して得たモノにはそれ以上の価値があります。

本日も最後までお読み頂けたコト感謝致します。

また来週の投稿を楽しみにしていてください。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


コメントを残す