IT営業は他業界の営業に比べて変! 投稿:

ミナミです。

さて、今回はIT業界の中小の営業は他業界の営業に比べて一風変わっているというお話です。

何がかとズバリ言うと、各社が競合先であり協業先でもあるのです。

IT業界のソフトハウスの営業は開発案件を取ってこなければならないのと同時に、プロジェクトを成功させる為に自社のエンジニアで足りなければ他社からエンジニアを借りてこないといけません。

同じお客様の仕事を取り合っていると思えば、プロジェクトで人が足らなければ取り合っている会社からエンジニアをお借りすることがザラにあるのです。

このブログもそうです。ココロとは別の会社で同じ取引先もありますので、他業界では競合先とも言えないこともないと思います。
別の業界で例えると、積水ハウスと大和ハウスの営業が一緒にブログを書いているような、第一生命と住友生命の生保ガールが一緒にブログを書いているような、リクナビNEXTとマイナビ転職の営業が一緒にブログを書いているような、他業界では考えられないような状態と思います。

そんなことが出来るのはエンジニアの人数分しか受注出来ないという各会社の受注量のキャパが決まっていることと、受注出来なければエンジニアが待機社員になり、逆に受注出来ても人がいないと開発できないという微妙な関係があるからでしょう。

そういう意味ではお互いが困ったさんなので、他業界よりも圧倒的に新規アポが取りやすい業界であるのは確かであります。

働きながらつくづく思います。IT業界の営業職は一風変わったヘンな業界だと。。。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


コメントを残す