2013.07.11 (木) - ミナミの営業持論    2 Comments

事務員、派遣、パート、アルバイトも人である 投稿:

ミナミです。

日曜日は七夕でしたね。
七夕にちなんで、先週末に取った私の行動から、営業マンは社外だけに目を向けて営業していても駄目だというお話をしましょう。

これは先週、金曜日のお話である。
私が何を行ったか先に言うと、堂島ロール(関西で有名なロールケーキ)を買ってきた。

誰に向けて買ってきたかと言うと、総務部・経理部、事務員の女性陣にである。
(残った分を男性陣で別ける。)

事務員は事務作業をするのが仕事である。
例えば、請求書などを作ったりするのは当たり前で、それが仕事だ。

ただ、事務員も人であり感情があることを決して忘れてはいけない
私が勤める会社は、複数のグループ会社があり、事務員もグループ会社各社の処理を同時に行わなければならないため私から見ても、かなり忙しい。

例えば、請求書を作成依頼を複数の営業マンから頼まれた場合は、誰のものから処理するか優先度をつけなければならない。
勿論、急を要するものから処理するが、急ぎ具合が同じなら、そこで処理の順番に感情が入る

また、夕食の準備があるため定時に帰らないといけない事務員に「この書類を急ぎで作らないといけないので手伝って欲しい」と頼んだ際、「定時で帰らないといけないのですみません。」と断られるか「分かりました。ご協力します。」と快く引き受けてくれるかも、日ごろの接し方で変わってくる。

こちらが相手を道具と思わず、日ごろから感謝の気持ちを忘れず接しているかで、いざという時にその差は出てくる。

ただ、私がいつも丁寧な接し方、気配りを持った接し方ができているかと問われると、時間に追われている時は確実にできていないだろう。

だからこそ、イベント日には営業中、感謝の気持ち込めてケーキなどを買ってくるようにしている。
• クリスマス
• ホワイトデー
• 七夕
もし、夏や秋口にこの記事に読まれて同じことを直ぐにしたいと思われた方は、特別な記念日を作ってしまえばいい。
「上期予算達成記念に、ケーキを買ってきました。普段、無茶な依頼をすることもありますが、本当に事務員の皆さんには感謝してます。達成できたのも皆さんが支えてくれてるからと思いますし、せっかくですので、皆さんでお別け下さい。」
感謝の気持ちを言葉にのせてケーキと一緒にお渡ししよう。

ただ、間違ってはいけないのが、イベント日にケーキを渡すのが目的ではなく、感謝の気持ちを伝えるのが目的でケーキはその潤滑油に過ぎない。

「上期予算達成記念にケーキを買ってきた。事務員の皆で別けておいて。」と言って渡すものなら、せっかくの感謝の気持ちを伝えるチャンスが興ざめもいいところだ。
日頃の感謝の気持ちを伝えることが大切なのだ。

事務員や派遣社員、バイトやパートを見下し、存外に扱う人の話を偶に聞く。
勿論、与えられた仕事を担当するのはもちろんだが、人であり感情があることを決して忘れてはならない。
いざという時に助けてくれるかどうかは、普段の接し方と自分が感謝の気持ちをもって接しているかどうかではないだろうか。
それは事務員やバイト関係なく皆そうであろう。

もし、事務の方に、いつも自分の仕事を後回しにされてると思う営業マンがいたら、普段の接し方を今一度、振り返って欲しい。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
email this


2 Comments

  • 前の会社で経理の方の機嫌とるの大変でした。
    年上の経理の方の機嫌で請求書を後回しにされるとゆー災難は多々経験しましたΣ (´Д`ノ)ノ
    同性なので感謝の気持ちも歪んだ形でとらえられて、発言、行動すべて監視されてる気がして仕事とってきても文句言われるとゆー
    とてもジレンマでした、、
    男性には勝てないですね。

  • 初めまして。ミナミと申します。
    コメントありがとうございます。
    経理や事務の方の機嫌をとっておくのは必要なのを身をもって経験されているのですね(~ヘ~;)
    確かに女性と男性では立場が違いますが、男性から女性に対しても一歩間違えれば要らぬ誤解を生むのは確か。誤解をうまないような空気作りをするのも営業テクニックの一つと思います。

コメントを残す